I'm always ready to say "avanti"

  avantIのナビゲーター   トップページ > 2009年05月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Siempre a tu lado

2009 - 05/15 [Fri] - 12:17

やっと休みが重なった別店舗の職仲間おっしーと会う。
  
 彼女の親友と顔合わせの予定でとあるお店へ。

  
 紹介してもらった方は、服屋さんで、服のデザインもしているのですが、
 中でも注目はエコバッグ。

 依頼主の要望や会話の中でイメージを膨らまし、メッセージと絵を描いてくれる。
 世界に一つしかなくて、その人しか持てないエコバッグにしてくれるのだ。

 おっしーのは、彼女のイメージ(海と太陽)、あと、整体師の命、手、そしてピースマークの描かれてて、
 メッセージとしては、
 
 『手っていうのは、すごい力を持ってて、
  道具を持てば、何かを作ることが出来て、大事な人を抱きしめたりも出来るけど、
  道具を持てば、物を奪うことも出来るし、命を奪うことも出来てしまうよ。
  あなたは前者に。』 
  っていうものだった。

 何描いて欲しい?
 って言われて、 川、って答えたら、そら描きにくくて困るわな。
 でもそれしか浮かばなくて。

 以前書いたように、小さい頃から何故か川の側に住むので、最近自分のイメージが川にでもなってるんだろうなー。
 名取川大好きだもん。

 ”反面、海は怖気づくんですよ。少しすれば慣れるんだけど。
      湖、沼、ダムは無条件に怖いし。引きづりこまれそうというか、沈めちゃいそうで。”

 川は、なるようになるよ、って言ってくれてる気がするけど、
 他のって、大きい水たまりが、全部知ってるよ~全部見てるよ~・・って含み笑いしてる気がする。
 
 umm~・・・ 難しいねぇなんて頭抱えさせてしまいましたが、、
 さすが、ミス洞察力。これが出来上がったのです。

 m's eco

 
the means

 その方の中で、海が陽(=太陽)で、川は陰(=月)のイメージだったそう。
 
 けど、私が川が好きだって言うもんだから、それを踏まえて

  『Rio de luna que sigue al mar Siempre a tu lade con energia positiva』

とのこと。メッセージはスペイン語。
 このメッセージを文章にしてみると、
 
 『月が川に沿うように、川はプラスのエネルギーを伴って、ふゆの側に在るんだよ。
  して、いずれ川だって流れついたら海になるんだよ。』

 っていうこと。
 近況を話したわけではなかったけど、そっかぁそうですよねぇ・・そうなのにねぇ・・なんてじわーんと眼頭(またか)

 最近、本当に前頭葉に締りが無い。
 いや、いいんだ。この前まで悔し涙ばっかだったから。

  
 使うの勿体無いよぅ・・って本気で思ってますが、
 思いながら毎日フル活用。

 nakami
 <<内容物>>
 玉ねぎ×3 茄子×5 豚もも×2 ホールトマト缶詰×3 小麦粉 リンゴジュース 甜面醤
 キャベツハーフ、えーのーき。

 大体何作るか分かっちゃう。

 結構な量だと思うけど、まだまだ入りそうでした。
 今までエコバッグ買い渋ってて良かった(いや良くないけど)

 mariaさん、大切に使います 本当にありがとうございました☆彡 
 おっしー、素敵な出会いとか、色々ありがとう。
 

 けどね。

kyoko.o
 
 この曲すっごい良い曲なんだよって推してくれていいんだけど。
 ハングル(字幕つき)をニュアンスたっぷりに歌ってそりゃ上手すぎてmariaさんもふゆも
 本気で始め引いてたけど。

 やっぱりね、歌詞の内容解ってて教えてくれなきゃ、何も共感できないよ?

 
 エコバッグ、知る人ぞ知るで、持ってる人は持ってる。
  ★この方やこの方★








スポンサーサイト

感謝感謝♪

2009 - 05/05 [Tue] - 01:16

   最近患者さんから、嬉しい”いただき物事”が続く。

 私の担当している患者さんの一人に声優さんがおりまして、その方がご自身のブログに名前こそ出さないようにしてくださっているが(さすがプロ)、私のことを書いてくれていたこと。

FAUCHONの紅茶と飴の詰め物を頂いたこと
 (けど今開けたら、携帯アドレスを書き足した名刺が忍ばせてあった・・・・
                                            あ゛ー)

 そして先日、リンクさせて頂いてるshimoさんがお店に、施術を受けに来て下さった♪

 しかも、shimoさんが撮った素敵な写真達の中で、最も私が好きな写真を携えて・・・

for.b;shimosan
(頂いた写真をさらに撮ったので、綺麗じゃないかも。shimoさんのブログでは、ほんと綺麗に載せられてます。)
 
  紫陽花。
 これがブログに載せられていた日、昨年6月16日。

 私の誕生日。

 一人暮らしして、3ヶ月目。その時、よりによってその日に異動の話でごったごたになって疲れて帰ってきて。
  あげく一人で誕生日なんて初めてで心細いーって時に、

 この写真がドーンと胸を打ったのです。

 花の写真で、美しいってそれだけで目頭熱くなるなんて初めてだった。
 
 正直、紫陽花ってあまり好きになれなかったんです、雨の日の暗さにしか馴染まない様な色してって。
 そんな風に長年思ってたのが一瞬で覆されました。

 もやもやしてたのが、浄化されたようで。 最高のプレゼントを頂いた気がしました。 


 この写真が今大きく現像されて、丁寧にも額縁に収められて、私の手元にあるのが

 本当に嬉しい!!

 shimoさん、ありがとうございました(;_;)

 そして、今回に至るきっかけをくれた素敵男子、ありがとうございました★


 
 そうそう、声優さんがなんて書いてたか。スタッフ一同、どれどれ?ってチェック。
 (以下↓)

 
 『ココは、最近知ったんだけど、初めて行って




 帰りに回数券を買っちゃったくらい、お気に入りに




 なりました!




 夜、10時までやってるし・・・




 1番の理由は・・何と!!




 可愛い女性の先生




 高校生にも見えちゃうくらい童顔で




 身長も低め!




 そんな女性に、一生懸命、力をこめて




 マッサージしてもらえるなんて・・・




 癒されるわ~




 しかもね!!




 人がいないと、すごく長めに治療してくれるの




 ひどい肩こりと、体を支える腰がひどくなってるらしく、




 そこを重点的に先生の予約のお客さんがいなかったので




 結局、10時までやってもらっちゃった(笑)




 あ~癒されたぁ~




 今日は、ぐっすり寝れそう 』

   

  
   制服いけるかな(ばか)





 

帰仙ダイジェスト・ラスト。

2009 - 05/03 [Sun] - 01:56

 24日・東京へ戻る日。
  姉・甥っ子・母親とゆっくり過ごす。
  ritu
 

久々に母親の手料理など食べ、改めて居心地の良さを確認。。

 ・・しちゃった為に、東京戻りたくないと、ぐずる。
 家で飼育してるメダカの世話をしている母親にびったりくっついて。
  
 22日夜、泣き泣き母親に、以前書いたような現在の私を吐露。      
  けど、ゆっく教えを説いてくれて、私が口にした言葉は
 『本当すみません。こんなの。』
   正座で頭さげてました。
 早く帰って来て欲しいと誰よりも願う母親に、なんて失礼で情けない姿を見せてしまったんだと。
 本当に申し訳なかった。

 っていう事があったの に!子供がえりも甚だしい私を宥めながら母は駅まで送ってくだすった。

  ここからは、今回帰仙して、一番会うべき整体の仙台サイドの元へ。
 黙ってこっちの頭が親に会ってたことや、仙台で務めていた店の近況。
  そして私。
  沢山のジレンマがあって、でも結局それは自分に問題があるからだと言った私への
 
  『人のせいにしていいんだよ。』

  と言う、この言葉はテロでした。
  一瞬で泣くモードでした。が頑張った私の前頭葉。
  堪えました。
 歪んだ顔してたからわかってたでしょうけど。
 
 何でもお見通ししてくださるカップルですもの。
 いい加減、お二方の前では、うれし涙を見せたいものです。
 ましゅー、しおさん、ありがとうございました。


 新幹線に乗って、着いた東京では、早速乗って帰る予定だった電車が、
 
 両国で人身事故。
 
 さすが都会。 お見事中央線。

 乗りなれないMARUNOUCHI LINE とか。 GINZA LINEとか。
 遠回りして帰ってきて。

 母に着いたよ、お世話様でした。とメール。

 その返信には、

 『またね、いつでもふゆちゃんの味方だからね、夜はバックとられないように、と、あまり露出しないようにすること』

  号泣。
 斜めかけバック買うから、けど今回肌だすような服着てなかったよねぇ?
  泣き泣き笑わせてもらった。
  
 しおさんの言葉と母親の言葉で、一つずつ消化していこう、改めて思いなおす。

 そして後日。

 実家で自分の寝てた布団を片付けし忘れた事を謝罪した私に姉の一言。

 『だれかが後始末してくれるだろー精神。
 それじゃいい人と結婚できないよ
 気をつけな』(ペンギン?!)


 この女は本当にいつだって厳しい。
 やめてくれ。 こんな事で泣かさないでくれ。

 





 

帰仙ダイジェスト2

2009 - 05/02 [Sat] - 00:29

 23日。
 そこそこ早起きして、(親ではない)保護者と泉にて待ち合わせ。
 向かうは泉ヶ岳の山奥。
 
 で、タラの芽を採りました。

 しかし今回スニーカーを用意してるはずもなく。
 ブーティーで、何ならホットパンツにタイツという、
 誰が見ても場違いな格好で、 棘が腕に刺さろうが、タイツが伝線しようがお構いなし。
 山の中をガンガンに登り、藪こぎしてきました。 もう夢中で山の中歩き回りました。
 
 飢えてた。完璧自然に飢えてた。
 
 その日は結構風が強い晴れの日だったから、見上げれば余るっくらいの青空と、みるみる内に形を変えていく薄い雲。
 風は、日の光を浴びて通り過ぎていくので、結構暖かくて。
 街中より、春でした。
 izumigatake
 歩いてて突然拓けたと思ったら、一面に小さな花のじゅうたん!!

  仙台では、ある程度目線を上にすれば、山の一部とか、絶対自然の緑色か水色が見えるんだけど、こっちで同じ目線をしても、建物しか見えてないから。
 いつのまにか、空なんて見なくなってる。

 しばらく空を仰いでて、思い出す。
 この前、素敵男子にあった時に、彼が
 『ふゆって前も川の近くに住んでなかった?で、ちょっと左に入ると家なの。』 
  
 そうそう、埼玉住みの時、川沿い歩いて左に曲がると家。
 今も、神田川沿い歩いて左に曲がる。
 私全然気付かなかったよ、
 よく気付いたねぇ・・・
 ちなみに実家はそこまで近くないけど、名取川近いもんね。
 夏必ず入ってるもんね。

 やっぱどっかしら、求めてるんだろうね、自然を。
  


 山を堪能したら、次は松島。

 ・・・・いつも名前とか場所とか確認するの忘れるんだけど、いつも保護者が連れてってくれる、
かなりオープンな魚屋さんみたいな所があって。安く貝ものを食べれたりするんです。
  いつも通り、その場で牡蠣、サザエ、サービスで鮪の焼き物に舌鼓。
 matusima
 今度は絶対無人島に連れてってもらうぞ。この写真に写ってる島のどれか。

 いったんクールダウンして、夜は分町。
 m;birth
この日の3日後に生誕25周年を迎えたちゃびちゃん。
 おめでとう! 素敵な25年目にしてください。

いつものメンバー全員揃うことは出来なかったけど、やっぱり落ち着く顔ぶれ。
 やまこ、いつも会う時にお店の手配とか、本当にありがとう。おかげでいつも楽しい時間過ごせてます。
 ほっしー、いっつも背中向けてよこす姿、和みます。 あと、いつも
 『開業したら手伝ってあげる』って言葉、本当に嬉しい、救われてます、ありがとう。
 そして、あなた
 『なんだかんだ言ってあっちにずっと居る気じゃないの』 
 ぴしゃり。言ってくれてありがとう、皆そう思いかけてるようだけど、

 でも、そうは考えてはないのよん。
 ここに殿方が居たり、何かあればまた違うんだろうがね!(未定だもの)
 
 なんつて。

 


 

 

 | HOME | 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。